New!「アフィリエイト・マスター・プログラム」を無料公開しました

ココマイスター ブライドルグランドウォレット使用レビュー

2015年5月2日、ようやく新しく財布を購入しました!

ココマイスターの「ブライドルグランドウォレット」という長財布です。使用開始から2カ月が経過したので、一度使い勝手などを、写真とともに掲載したいと思います。

ココマイスターの「ブライドルグランドウォレット」の購入を検討されている方は、参考にしていただければ幸いです。
また、男性へのプレゼント(ギフト)にも喜ばれると思いますので参考にしてみてください。

ちなみに商品について詳しく知りたい方は、僕のブログよりもココマイスター公式サイトをご覧いただく方が、商品説明が正確で詳しい情報が手に入ると思います。

財布にも、革製品にも特別詳しいわけではない、普通の30代サラリーマン男性が使用した感想を知りたい方は、引き続きお読みください。ヌメ革の品質がどうとか、プロっぽいことはこのページでは書いていませんので(笑)

ココマイスター「ブライドルグランドウォレット」を購入!

ココマイスター「ブライドルグランドウォレット」を購入!

ココマイスターは、日本の職人がつくる心温まる革製品、素材とつくりにこだわる皮革製品専門ブランドです。

”日本の職人が作る”というところに随分と惹かれました。絶対手抜きなし!って感じがしますもんね。

そして、気づいたらポチッと購入していました。

購入したのは、ブライドルグランドウォレット(カラー:ロイヤルブラウン)です。

ココマイスターでは、主に財布とバックを販売しているのですが主力は財布のようです。中でも「長財布」が有名。その中でも特に人気があるのがこの「ブライドルシリーズ」というわけです。

僕は自分で自分の財布を購入しましたが、クリスマスやバレンタイン、入学、卒業、記念日、誕生日などでも、間違いないということからギフトとしても最近は選ばれているようですね。

職人製造中ですぐには買えないことも・・・。


ココマイスターの財布は、職人さんが一つ一つ手作りしているので、購入する人が多いと一時的に品不足になり購入できません。

そういうとき、公式ホームページ上では、只今職人が製造しております。次回販売までお待ちくださいませ。詳しい販売日時は「販売お知らせメール」にてお知らせいたします。といった案内がされています。

ココマイスター公式サイトのトップページで「再販売のお知らせ」が随時発表されているので、ここでも情報を入手できます。

実は僕も買おうと思ったらこの状態で、販売開始時刻と同時に公式ホームページにアクセスして購入しました。開始時刻に合わせてアクセスすれば、普通に買える感じです。

但し、会員登録だけは先に済ませてログイン状態にはしておいたほうがいいと思います。会員登録で手間取って他の人に先に買われないように。

財布を購入しようと思った理由

実は今まで、とても安い財布ばかりを使ってきましたが、30代だしそろそろ良質な革製品をと思いました。

特に30代ともなると会社では中堅ですし、営業という職種柄、取引先と食事をする機会も増えました。そこで安っすーい財布でお会計というのも、そろそろどうなのかなと思い、ネットで財布を探したところココマイスターを発見したわけです。

ココマイスターは、まだそれほど有名ではないみたいですが、30代の男性に大変人気があるらしいですよ!だって普通にかっこいいもんね。数万円ならなんとか手の届く金額でもあります。

ブライドルグランドウォレットの写真をどんどん掲載

どんな財布か、2カ月使用してどんなヘタり具合かは、写真を見てもらうのが一番と思い、写真撮影してきました。

見てもらうとわかる通り、全然ヘタってはいません。使っていくうちに輝きが出てきました。普段はカバンに入れています。

 

お札が入っていないのは、お金がないからではないですよ!(笑)

カードを入れるところが少しきつめに作られています。これは徐々にちょうどよい柔らかさになるのかもしれません。僕としてはややキツイぐらいの感覚です。

 

サイズ感

外寸は、縦19cm 横10cm 厚さ2.5cmです。

開いたときのマチ11.5cmです。

大きすぎず、小さすぎず、手で持ったときにしっくりくる感じです。長財布なのでズボンに入れる人はそう多くないと思いますが、後ろポケットに入れるには少し厚いしかさばりますね。

1万円札と比較

iPhone6plusと比較

長財布、小銭入れ、カード入れをどう整理して持ち歩くか

財布を買い替える時って、自分のこれまでのスタイルを変えるかどうか悩む人もいると思います。特に長財布に変更するときですよね。

なぜなら、長財布には小銭が十分入りませんから小銭をどうするか。

そして、カード類は長財布じゃらそれなりの枚数が入るとはいえ、財布を変更するのを機に整理が必要な人も多いかと思います。

僕は「ブライドルグランドウォレット」購入を機に、財布はカバンに入れて持ち歩くように変えました。ズボンに入れると、かさばるし本来の使い方ではないし、カバンに入れるのが一番です。傷もつきづらいですし。

 

小銭は、少なめに持つのがスマート

「ブライドルグランドウォレット」は、ぐるっと1周、ファスナーが付いた長財布で多少膨れてしまっても安心感がありますが、それでも小銭の入れすぎはあまりお勧めしません。

小銭、入るには入るのですが、やはり財布がかなり膨らみます。それに相当重くもなりますよ。

カバンに入れるから気にしないという人は、小銭たくさん入れてもいいと思います。

小銭は小銭入れに。使ってみたら以外と便利だった小銭入れ

「小銭入れ」は使っていなかったのですが、以前少しだけ使っていた小銭入れを復活させて現在使っています。

小銭入れは、薄くて、小銭入れに特化したものが便利です。特に厚みが苦手でポケットに入れると膨らむのが嫌な人には小銭入れを別で用意するのがいいかと思います。

小銭入れだけ持っていけば、仕事でお昼ご飯を食べに行く時も小銭入れだけでいけます。「ブライドルグランドウォレット」は持っていかない(笑)

クレジットカードやらポイントカードはどうしよう?


以前の財布には、クレジットカードやポイントカードが約20枚入っていました。

財布を買い換えようとする時、これらのカード類をそのまま入れられることを条件に財布を選んでしまいがちですが、本当にそれでいいのでしょうか?

どこかでカード類は、思い切った整理が必要だと思います。

僕のケースでお話しすると、使用頻度の高いカード10枚を選びました。どうしても10枚はやっぱり必要でした。それ以外は100円ショップで薄いカードホルダーを購入しました。

「ブライドルグランドウォレット」はカード8枚入れるところがあります。残り2枚はお札を入れるところに、お札感覚でカードもいれちゃっています。

こんな感じで、余計なカードは薄いカードホルダーに入れました。カバンの奥にカードホルダーを入れておくわけです。

「ブライドルグランドウォレット」にSuica、PASMO、自宅カードキーを入れてみました


「ブライドルグランドウォレット」はカード類が8枚入る設計になっていますが、その裏側にはレシートなどを入れておけるフリーポケットというスペースが両脇に1箇所ずつあります。

ここにSuicaカード、PASMOカード、自宅カードキーであれば各1枚入りますし、機械にも認識されます。上の写真は、自宅カードキーを入れた写真です。

遊び感覚で、iPhone6プラスを財布にINしてみた

僕はこれまでカバンを持ち歩きたくないタイプで、財布とスマートフォンを常に手で持っていました。

そういうこともあり、スマートフォンが入る長財布ってないのかなと当初探していました。でも見つかるのはナイロン系の財布ばかり。スマホが入るやや高級な長財布を探していたのです。

しかし諦めきれず、無謀にも「ブライドルグランドウォレット」にiPhone6plusを入れてみたところ、ギリギリ入りました。カード8枚にお札を数枚あっても入りました。

但し、こんな使い方は財布にダメージを与えますし、一般的ではない使い方だと思います

結局僕も「ブライドルグランドウォレット」購入を機に、財布とスマートフォンはカバンに入れるスタイルになりました。そして薄い小銭入れを忍ばせて置きます。

こんな感じで入れてみた

ファスナーも閉まります

だけど、ホラッ。財布が膨らんでる。これは財布を痛めますね。

お手入れでおすすめのクリーム

汚れたなと思ったら柔らかい布でなでる程度でもよいですが、「ラナパー レザートリートメント」というクリームを塗るのもおすすめです。

「汚れ落とし」「保護、ツヤだし」「撥水効果」「カビを生えにくくする効果」があります。

このクリームは僕がビジネスシューズを磨くためにもう7〜8年使用しているものです。革製品全般に使えます。ドイツ製でとても評判がよいのでオススメ。


[ラナパー] Renapur レザートリートメント Leather Balsam 100ml

ココマイスターを買って良かった点

ココマイスター財布は、大変きちんとした商品でとても満足です。梱包もウェブサイトでの商品案内も何一つ不満はありませんでした。

強いてあげるなら、配送までに少し時間がかかった点です。何度も検品してからでないと、お客様に配送しないという徹底ぶりなので、これは仕方のないことかと思います。

加えて、ココマイスターを買って良かったと思った点は、ココマイスターは単に財布を売るのではなく、お客さんに革の良さを知ってもらいファンになってもらう、長く大切に財布を使ってもらうということを、大事にしていることがわかった点です。

こういう姿勢は付加価値として高く、ユーザーからすると心地がいいものです。今後ブランド価値も上がっていくのではないかと思います。

下の写真にもあるように、革製品の取り扱い方法はもちろん、革の良さを伝える内容の教科書も付いてきたので感激しましたよ!

 

最後に、ココマイスターの公式ホームページには、こちらからアクセスできます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です