アフィリエイトにおけるキーワードの選び方と手順を完全公開【保存版】

アフィリエイトにおけるキーワードの選び方と手順を完全公開【保存版】

アフィリエイトにおいてキーワード選びは、とても重要です。

アフィリエイトでは、Googleなどの検索エンジンから訪問者を誘導してくることが集客のメインになります。

そこで僕は、「はじめにキーワードを決めてから記事を書く」という方法を取ります。理由はシンプルで、検索で上位に表示されることを狙って記事を書くためです。

アフィリエイトは、検索で上位表示されないと成果が発生しないと言ってもいいぐらい、検索順位が大事です。だから、狙ったキーワードで上位表示させるためのコンテンツ作りをしていきます。

本ページでは、その「キーワード」の選び方について徹底解説した記事です。

このページでは、アフィリエイトで収益を上げるために必要な考え方や作業内容を書いています。ぜひ繰り返しお読みいただければと思います。

▼動画でご覧になりたい方はこちら(長めですのでお時間のあるときにご覧ください)


アフィリエイトにおけるキーワードの選び方

アフィリエイトにおけるキーワードの選び方

僕たちは、キーワードを使って集客します。

だから、キーワードは集客するために必要な部品の一つです。

キーワード選定スキルが身につくと、集客のためのキーワード選び、成約を得るためのキーワード選びができるようになります。

アフィリエイトは集客をして、そこから購入・申込みまで繋げる必要がありますので、キーワード選びができることは、アフィリエイトで成功する必須条件と言えます。

さぁ、それでは「アフィリエイトにおけるキーワードの選び方」を学んでいきましょう!

キーワードとは、そもそも何か?

キーワードとはそもそも何か

キーワードとは「質問」です。

人は検索窓に、「質問(知りたいこと)」を入力します。

質問=ニーズ、とも言い換えることができます。

だから、僕たちアフィリエイターは、訪問者の「質問に対する答え」が書かれたコンテンツを用意する必要があります。

訪問者に答えを提供し、満足してもらうことで、そこに掲載していた広告(商品・サービス)の成約に繋がるということこそが、アフィリエイトの基本的な考え方となりますので意識しておきましょう。

キーワード選定とは、質問を考える作業

キーワード選定とは、「質問を考えること」と言っていいかと思います。少し分かりやすく言うならば、訪問者の知りたいことを考える作業です。

これをまず把握してから、答えとなるコンテンツ作成と進めます。

では、早速キーワードの選び方について詳しくお伝えします。

キーワードの選び方、手順を教えます

キーワードの選び方、手順についてお伝えします。具体的には、次の3つのステップを踏みます。

キーワード選定の3ステップ

  1. キーワードリスト作成
  2. キーワードのボリューム調査
  3. キーワードを決める

以下で詳しくご案内します。

1.キーワードリスト作成

キーワードリスト作成

まずは、キーワードリストを作成しましょう。

キーワードリストは、あなたがこれから記事を書いていく上で、元となるキーワード群になります。僕たちはキーワードをもとにして記事を書いていきます。だから、キーワードリストは記事ネタとなるものになります。

キーワードリストは、多ければ多いほどいいです。あなたが取り組むジャンルに関するキーワードをできるだけ多く集めてください。

具体的な方法としては、まずは広告主ページにアクセスをして、そこからキーワードを拾いましょう。

広告主ページで拾うキーワード
  • 商品名
  • 効果
  • 特長
  • 悩み
  • ニーズ
  • 型番
  • 含まれる成分
  • オプションで付帯する商品名

 

などキーワードを細かく拾いましょう。

アフィエイト広告で電子機器を扱う場合は、型番もしっかり拾いましょう。型番で検索する人はとても多いですからね。型番まで把握している訪問者は、購入直前という可能性もありますからね。

また、食品等は扱う方は、成分名称も拾いましょう。成分で検索する人も多いです。

 

この時に意識することは

  • 繰り返し出てくるキーワードを拾うこと

です。

 

拾うキーワードは、訪問者が検索しそうなキーワードならいいですが、検索ボリュームは気にしなくてOKです。検索ボリュームがあるかどうかは後でまとめて調べます。

キーワードリストを増やす

キーワードリストを増やす

広告主ページだけでキーワードを拾うと、あまりたくさんのキーワードを集められません。

そこでその次に、関連キーワード取得ツールを使い、先ほど抽出したキーワードを検索します。

関連キーワード取得ツール

ここではキーワードを補うイメージで、どんどんキーワードリストを増やしてください。たくさんキーワードを挙げることに専念しましょう。目安としては最低300、できれば500ワードぐらい欲しいですね。

 

例 「ダイエット」の関連キーワードを検索

関連キーワード取得

画像利用:関連キーワード取得ツール

赤枠の部分から関連しているワードを拾ってください。

 

自分自身でキーワードを考える

自分自身でキーワードを考える

最後に、あなた自身で「想像」してキーワードを挙げて、キーワードリストに追加していきます。

特に成約に繋がりそうなキーワードを自分の頭を使って考えましょう。

「関連キーワード取得ツール」や、これに類するツールは、他のアフィリエイターも使っているツールです。

つまり、あなたが作ったキーワードリストと同じようなものをライバルも作っています。

ご自身で考えたキーワードが、お宝キーワード(成果に繋がりやすいキーワード)ということもよくあるのでしっかり考えてキーワードを追加しましょう。

 

2.キーワードのボリュームを調べる

キーワードのボリュームを調べる

300~500のキーワードを洗い出せたら、それらキーワードが月間どれぐらい検索されているか、つまり「検索ボリューム(検索回数)」を調べます。

検索ボリュームは、Googleが提供するキーワードプランナーで調べることができます。

キーワードプランナー

キーワードを入力する

キーワードプランナーの使い方

画像利用:キーワードプランナー

「検索ボリュームと傾向を取得」欄にキーワードを入力します。上の画像のように複合ワードとして「ダイエット 食事」を入れたい場合は1行で書きます。改行をしていくつも入れていきます。

ボリュームの検索結果

検索ボリューム結果

画像利用:キーワードプランナー

上記は、ダイエット関連のキーワードの月間検索ボリュームです。上から順に検索ボリュームの多い順です。

検索ボリューム結果をダウンロードする

キーワードプランナーの検索ボリューム結果をダウンロードする

画像利用:キーワードプランナー

検索ボリュームは、ダウンロードできます。上記赤枠の「ダウンロード」からCSV形式でダウンロードして、あとでEXCELなどで開いてみてください。

検索ボリュームの少ないワードを除外

検索ボリュームのないキーワードは除外してよい

画像利用:キーワードプランナー

さて、検索ボリュームを調べて、検索ボリュームのないものは無視してしまってかまいません。

検索ボリュームがないということは、このキーワードを狙って記事を書いてもアクセスが来る可能性は極めて低いです。

将来的にアクセスが来るようになるかもしれませんが、現時点では検索している人がいないので、このキーワードを使って記事を書くことは非常に効率が悪いですね。

※キーワードプランナーは、Google Adwordsに広告出稿する人向けのツールですので、原則はお金を払ってGoogleに広告出稿していることが前提です。Google AdWordsで広告出稿していない場合、キーワードプランナーで検索ボリュームを調べても、かなり大まかな数値しか表示されません。月数百円で構わないので広告出稿をして、具体的検索ボリュームが分かるようにしましょう。

Googleキーワードプランナーは、キーワード上位表示させるための「難易度」も分かる

キーワード毎にどれぐらい競合がいるかという目安としてGoogleキーワードプランナーの「競合性」という指標が参考になります。

当然、「競合性:低」であるほうが望ましいです。

実際のところは、「競合性:低」と「競合性:中」あたりを狙っていきます。

「競合性:高」は、狙ってもライバルが強すぎて、中々検索上位に表示されません。

ライバルが強いかどうかは、実際にそのキーワードで検索して上位10ページぐらいをみて自分の目で見て確認しましょう。

これはあくまでツールなので、目安として考えた方がいいですね。

キーワードを決める

キーワードを決める

さて、ここからはメインキーワード、サブキーワード、集客キーワードの3つをそれぞれ決めていきます。

はじめにそれぞれのキーワードの定義です。

メインキーワード

サイトの"テーマ"となるキーワードです。検索上位3位に入った場合に非常に多い成約が期待できるキーワードで1つ用意します。成約に近いキーワードである必要があります。月間検索ボリュームが1,500以上 かつ競合性が「中」または「低」であることが望ましいです。2つの言葉からなる複合ワードで用意します。

成約キーワード

メインキーワードほどではないけれど検索で上位に表示された場合にそれなりに成約が見込めるキーワードです。これも成約キーワードです。複数用意します。月間検索ボリュームが1,000以上 かつ競合性が「中」または「低」であることが望ましいです。サイトの「カテゴリ」として使用するとよいです。

集客キーワード

集客のための関連キーワードです。上位表示されてもすぐ成約に結びつきそうにない関連キーワードです。大事なことは検索ボリュームが少ないこと(月100以下)です。

メインキーワードを決める

これから作成するサイトで扱う「メインキーワード」は、サイトのテーマとなるキーワードです。

メインキーワードで検索上位3位に表示された時に、非常に成約が見込めるだろうキーワードを選ぶ必要があります。

つまり、成約に直結するキーワードですから、商品を購入する意識のある人が入力しそうなキーワードにする必要があります。

例えばですが、以下のようなものが該当します。

メインキーワードを決める
  • 「商品名単体」
  • 「商品名 最安値」
  • 「商品名 申込み」
  • 「商品名 購入」
  • 「商品名 比較」
  • 「商品名 レビュー」
  • 「商品名 評判」
  • 「商品名 比較」
  • "商品名"部分は、個別商品名である必要はなく、一般名詞でもかまいません。
  • ここでは必ず2語以上の複合ワードをメインキーワードにしてください。2語以上でないと、競合が強すぎて勝負できないからです。
  • メインキーワードは、月間検索ボリュームが1500以上 かつ 競合性が"低"であることが望ましいです。
  • 月間検索ボリュームは1000を超えていれば、3位以内に入れば、それなりにアクセスは見込めます
  • 競合性は、低いほうが絶対いいです。それだけライバルが少ないということですからラクに検索上位を狙えます。

成約キーワードを決める

次に成約キーワードを決めていきます。

成約キーワードとは、メインキーワードほどではないけれど検索で上位に表示された場合にそれなりに成約が見込めるキーワードです。目安としては3~5個欲しいです。複合ワードでもOKです。

成約キーワードは、あなたがこれから作成するサイトのカテゴリ名にすることを意識するといいかと思います。

サイトテーマ(メインキーワード)の中にある、1つの枝がサブキーワードという位置づけです。

集客用キーワードを決める

最後に集客用キーワードを決めます。

集客用キーワードは、名前の通り「集客」を目的としたキーワードです。

購入に近いキーワードである必要はありません。唯一大事なことは検索ボリュームがあることです。

目安としては、月間の検索ボリュームが100以下のキーワードです。100個(複合ワードで100パターン)も用意できれば十分です。

キーワードは、1語・2語・3語どれがいい?

キーワード選びをするとき疑問に思うのが、1語がいいのか、2語がいいのか、3語がいいのかという点です。2語3語というのは、いわゆる「複合ワード」というものです。僕は2語をオススメします。

1語とは、商品固有名詞だったり、一般名称だったりします。


例.おーいお茶(1語)

1語の場合、検索ボリュームが多いことが特徴です。ボリューム的には月間1,000を超えるキーワードが多いです。

1語ワードで検索上位に食い込めた場合、アクセスが見込めるので、それなりにアフィリエイトでの成果が見込めます。

その代わり、この1語ワードを狙っている人がとても多いです。ライバルが多くいるということは、検索上位を狙いづらいということです。


そこで、僕のオススメは2語です。


例.おーいお茶 最安値

上記のように「おーいお茶」と「最安値」という2つの言葉を組み合わせたものです。現実的には2語の複合ワードであれば、ライバルが強すぎるというケースを結構避けられます。


もちろん必要に応じて3語でもOKです。但し、注意しなければいけない点は、2語3語とワードを増やすたびに、検索ボリュームは少なくなるということです。

検索ボリュームがないと、記事を書いてもアクセスは来ませんので、最低でも検索ボリュームが月間10はあることを条件としましょう。

キーワードを選定したら記事を書く、どうやって書いていく?

さてキーワード選定が終わったら記事を書いていきます。

記事には、トップページ、成約ページ、集客ページの大きく3つの記事があります。各ページでどのように記事を書いていくかは、別ページで詳しくご紹介していきます。

サイトアフィリエイトにおけるトップページの役割
アフィリエイトにおけるトップページの役割

まとめ

まとめ

お疲れ様でした。

読むだけでも大変でしたね^ ^

キーワードの選び方、具体的手順をご説明しました。

キーワードリスト作成、検索ボリュームを調べ、キーワードを決める、という3ステップの流れなのですが、1つ1つの工程はそれなりに手間が掛かります。

ですが、キーワード選びは重要なパートです。

やり方がわからない人、途中でつまづいてしまった人は、何度もこのページに書いてあることを読んでトライしてもらえればと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

2 Comments

牛脂

なおとさん、こんにちは。牛脂と申します。
いつもブログ閲覧しております。

こちらの記事に関しまして2点ほど質問させてください。

◆ 成約キーワードに関して
メインキーワードを「おーいお茶 最安値」を例にとった場合、成約キーワードは「おーいお茶 最安値 ○○」の「○○」部分に該当するものでしょうか?

例1: 「おーいお茶 最安値 楽天」
例2: 「おーいお茶 最安値 アマゾン」
例3: 「おーいお茶 最安値 問屋」
例4: 「おーいお茶 最安値 埼玉県」

そしてこの場合、上記キーワードに沿って成約記事を書いていくものでしょうか?

◆ カテゴリに関して
仮にnaotoさんが言うところの成約キーワードが上記だった場合、「楽天」、「アマゾン」、「問屋」、「埼玉県」がカテゴリになるかと思っています。
その場合カテゴリ内に入ってくる成約記事は事実上1つか2つぐらいが限度かと思っているのですが、認識に間違いはないですか?
その場合、集客記事に合わせたキーワード別にもカテゴリを作成する流れでしょうか?
カテゴリはあまりにも多すぎても良くないのか等もよろしければご教示いただきたいです。

お手数ですがお目通しいただけますと幸いです。
よろしくお願い致します。

返信する
ナオト

牛脂さん

ご質問コメントありがとうございます。
少し長くなりそうですので、
もしよろしければ、Skypeでお話させていただければと思います^ ^
ご希望の日程を2〜3ご連絡ください。
スケジュールを相談の上、音声通話させていただければと思います。

コンタクト申請お待ちしています。
———————————
Skype名 live:naoto_60
———————————

引き続きよろしくお願いします。

ナオト

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です