「買ってくれるお客さん」を集客しよう!

アフィリエイトするなら成約率の高い人を集客しよう!

アフィリエイトでは、成約(購入)してくれる見込客を集客することが大事です。
少ないアクセス数でも、成約(購入)まで結びつけられれば、アフィリエイト報酬を狙えます。

ですから、「買ってくれるお客さん」をいかに集客するか、これが稼げるか稼げないかの分かれ道になります。

アフィリエイトは、成約率の高い人を狙って集客することが近道

アフィリエイトは、成約率の高い人を狙って集客することが近道

アフィリエイトで成約率を高める方法は色々あります。

アフィリエイトで成約率を高める方法
  • コンテンツの質を高める
  • デザインを高める
  • 広告主ページへの誘導の工夫
  • 集客拡大
  • 広告のクリック率改善
  • 購入障壁を取り除く

これらは、あなたも聞いたことがあると思います。

もちろん、これら改善には積極的に取り組むべきですが、その前段としては「成約率の高い人を狙う」ことが大切という話をこのページを通して伝えていきます。

成約率の低い人が何万人とサイトを訪問してくれようとも、購入してくれなければ成果になりません。少ないアクセスでもよいから、購入してくれる可能性の高い人(成約率の高い人)を狙っていきましょう。

「買ってくれるお客さん」を集める方法

では、どのようにしてサイトに「買ってくれるお客さん」にアクセスしてもらえばよいのでしょうか。

それは検索エンジン(主にGoogle)から「キーワードを使って誘導」してきます。Googleからサイトに訪問者を誘導してくる際、大事になってくるのは「キーワード」ですよね。

僕たちアフィリエイトで稼ぐ人は、狙ったキーワードで検索上位に表示させて、訪問者を誘導するというのがオーソドックスな手法です。

ですから、購入に近いステータスの人をキーワードを使って誘導すればよいのです。

▼動画でご覧になりたい方はこちら


どういうキーワードでアクセスを集めればよいか?

どういうキーワードでアクセスを集めればよいか?

狙うキーワードは、成約に近いキーワードです。

成約に近いキーワード
  • ○○○ 購入
  • ○○○ 申し込み
  • ○○○ 比較
  • ○○○ 料金
  • ○○○ 最安値
  • ○○○ 安い
  • ○○○ 評判
  • ○○○ 口コミ
  • ○○○ レビュー
  • ○○○ 効果

メジャーなキーワードですと、これらが成約に近いキーワードです。「○○○」の部分は、商品名だったり、ジャンル名だったりします。

この手の成約に近いキーワードは、既に商品・サービスを認知済みであることが想定されますよね。

購入を前提に商品を比較している人、あるいは購入の意思を固め実際購入しようと思っている人の可能性が高いです。

成約に近いキーワードは、みんな狙っている?

成約に近いキーワードは、みんな狙っている?

しかし成約に近いキーワードは、他のアフィリエイターも積極的に狙っています。ライバルが多いので、記事を書いても検索上位に食い込むことが難しくなります。

その場合は、上のように2語ではなく、3語のキーワードで狙うことをお勧めします。もちろん3語にした場合、検索ボリュームが少なからず存在していなければダメなので、検索ボリュームがあるかを「キーワードプランナー」でチェックしておくことは忘れずにしましょう。

なお、成約に近いメジャーなキーワードは、ライバルが多くて上位表示が難しいですが、記事化はしておくべきです。Googleからの評価が高まり、順位上昇してくると、これら記事が成果を挙げはじめるからです。

本当に儲かるキーワードは、自分の中から出てくるもの

本当に儲かるキーワードは、自分の中から出てくるもの

上でご紹介した成約に近いキーワードは、購入に繋がりやすいので積極的に狙いたいキーワードです。

しかしこれらのキーワードの型が儲かることは、アフィリエイターならほとんどの人が知っています。だから検索での上位表示が難しいのです。

本当に儲かるキーワードは、あなたご自身で一生懸命考えたキーワードです。それがお宝キーワードだったりするのです。

購入を決めている人なら

  • 何を知りたいだろうか?
  • 何に困っているだろうか?
  • 検索窓にどんなキーワードを入力するだろうか?

こんなことを考えながら、できるだけ多くのキーワードを考えてみてください。訪問者の気持ちをどれだけ想像できるかにかかっていますね。

成約に繋がるページを突き止めアクセスを流す

成約に繋がるページを突き止めアクセスを流す

ここからは、成約(購入)に繋がるページを突き止めて、そのページへのアクセスを集中させるというお話をします。

ASPによっては、どのページから成果が発生したか「リファラー」情報が提供される場合があります。

例えば、大手ASPの「A8.net」では、成果毎にリファラー情報が提供されます。これを集計すれば、どのページから成果に結びついているかはハッキリ分かります。

PCでA8.netにログインして

 

レポート > デバイス別レポート > コンバージョンリファラ

A8.net コンバージョンリファラー

上の赤枠内に記載されているURLが、購入まで結びついたケースのリファラー(リンク元ページ)です。

成約数が多いページが分かったら、該当ページへの内部リンクを強化しましょう。該当ページへの新たな道を作るイメージです。自然な形で内部リンクを張っていきましょう。

内部リンクを強化することで実際にアクセスが流れているかは、アクセス解析ソフト(Google Analytics等)で確認しましょう。

まとめ

まとめ

アフィリエイトするなら成約率の高い人を狙いましょう!というお話をしましょう。

その際に大切なことは「成約に近いキーワード」を狙うことです。また、ご自身で考えたキーワードでも並行して集客していくことが有効的です。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です