目標を達成するための方法 〜スケジュールからの逆算〜

目標を達成させるシンプルな方法 〜スケジュールを逆算せよ〜

みなさんは、ビジネスの目標を達成させるために、どのように物事を進めますか?

目の前の仕事を1つ1つ片付けていく人もいれば、スケジュールを細かく設定して進める人もいます。
中には、思いつくままに仕事をする人もいるかもしれません。

本記事では、目標を達成するための方法についてご紹介しています。

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


目標達成するための方法

目標達成するための方法

目標を達成するためにとても大事なポイントが1つあります。
それは「スケジュール」を逆算することです。

ビジネスにおける目標なので、普通「いつまでに」「どうなっているか」という目標を立てると思います。

リミットがある以上、そこに合わせて仕事を進めていく必要がありますので、スケジュールを立てる必要があります。

そこで逆算が必要になります。

逆算思考とは?

ビジネスの成功において、「逆算思考」は身につけておきたい考え方の一つです。

逆算思考とは、あらかじめ目標(ゴール)を定め、そこから逆算してやるべきこと、スケジュールを決めた上で、1日1日目標に向かって進めていくための考え方です。

逆算思考のメリット

逆算思考のメリット
  • 計画通りに進めやすい
  • 「足りないもの」を事前に認識できる

計画通りに進めやすい

逆算思考では、ゴールから現在に向かって、いつまでに何をするか始めに決めてしまうので、計画に沿って仕事を進めることができます。そういう意味でスケジュールのブレは少ないですね。

無計画に進めると、そのときの気分で仕事を選んでしまうし、いつまでにやろうというリミットがないと生産性も落ちるので、計画して仕事を進めることができる点はメリットだと思います。

足りないものを認識できる

はじめにゴールを決めたら、今度はどのようにして達成するかという「手法」を決めるのですが、そこで自分自身に足りないものが必ずでてきます。

あらかじめ足りないものが把握できるので、どのように補おうか考えることができます。

逆算するための手順

逆算するための手順

目標(ゴール)を決める

はじめにゴールを決めます。この際、「期日」と「具体的状態」を明確に決めましょう。

ゴール達成に向けての手段を考える

次ぎにゴール達成に向けて、何をすべきか「やることリスト」を洗い出します。

そしてそのやりことリストに対して、どうやれば実現できるかを書き出します。自分で作業すればいいだけのもの、自分では作れないから専門業者に作ってもらう必要があるものなどが想定されます。

箇条書きで短く洗い出せばOKです。

スケジュールを決める

次のスケジュールを決めます。

ここで決めるスケジュールは、先ほど作成した「やることリスト」に対して、「開始日」と「期日」を決めていきます。

ここでのコツは、「開始日」も決めることです。人は「期日」だけ決まっていても、中々動けないからです。必ず「開始日」を決めましょう。

取り組む

あとは1日1日、取り組むだけです。「期日」を意識して取り組みましょう。

もし、計画したスケジュール通りに実行できなかったら?

計画は、必ずしもその通り進められるとは 限りません。

まずは、目標(ゴール)を変更する必要があるのかを検討してみることをおすすめします。当初計画がまったく達成できないのであれば、やはりゴールを変更する必要がでてきます。

しかし、ゴールを変更する必要はなく、単に計画が遅れているという場合には、スケジュールを調整すればOKです。

遅れを取り戻して働くことも時には大事ですが、無理をして身体を壊してしまうと、働くことができなくなるため、無理のない範囲でスケジュール調整をしましょう。

アフィリエイトでも逆算思考は使える

アフィリエイトでも逆算思考は使える

アフィリエイトにおいても逆算思考は効果的です。

しかし、目標に「金額」を入れてしまうと、失敗するというのが僕がやってみた実感としてあります。

例えば、「××月××日までに月収100万円を稼ぐ」という目標を立てても、この100万円は作業量は比例していないからです。

アフィリエイトの場合、はじめにたくさん作業をして時間が経つと、Googleから評価されだして収益が伸びる傾向にあるビジネスです。そしてその後は、少ない作業で比較的安定的に収入が入ってくるのです。

つまり、作業量と収入がリアルタイムでは比例しないのです。

だから、おすすめは「作業量」を目標にすることです。

  • ××月××日までに成約記事を1本書く
  • ××月××日までに集客記事を50本書く

といった具合に、期日と作業量を目標にしてみましょう。

スケジュールは自分でコントロールしなければならない

スケジュールは自分でコントロールしなければならない

昔の知り合いに、期日までに仕事を終えられず、毎日延期しつづけて3ヵ月以上経ってもまだ仕事が終わらないという人がいました。

それでその仕事は大丈夫なのか?という気もしますが、結構こういう方はいるものです。本人に理由を聞いてみると理由は色々とあるようです。

こういう方に共通しているのは、自分でスケジュールをコントロールする意思がないことです。

別件の仕事、個人の事情などを含めて、スケジュールを自分でコントロールしていくことがビジネスには必要不可欠です。それはサラリーマンとして会社から雇われていたとしてもです。

アフィリエイトでいえば、完全に「個人の自由」です。サラリーマンではないので上司から命令があるわけでもないですし、自分で目標を立てて、スケジュールをコントロールしていくことが必要になってきます。

また副業で取り組むにしても、自分でスケジュールを立てたり、空き時間を確保することをしていく必要があります。

多くの人は「今」を基準に生きている

多くの人は、「今」を基準にしてどうしたいかを考え生きています。

しかし、今を基準にしてしまうと、成り行きでビジネスをしてしまうことになります。

ビジネスにおいては、今ではなく未来を基準にして、そこから逆算して取り組んだほうが、成果が出やすいですね。

まとめ

まとめ

僕の会社は、Management By Objectives(MBO)といって目標管理を導入しています。

会社の目標、部門の目標、課の目標があって、そこから自分で個人目標を自分で立てるのです。そこには期日やプロセスを自分で定めて、それを上司に説明して目標を完成させていきます。

最終的に上司と自分の双方で合意が得られたら、そこから1年目標に向かって仕事をします。その結果により給料が決まる、といった仕組みでした。

逆算思考は、まさにこのMBOでやっていることと同じです。ビジネスの現場では、常に逆算思考を取り入れて効率よく確実に仕事をしています。

ぜひ取り入れてみましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です