自分に合うメンター(指導者)の選び方

自分に合うメンター(指導者)の選び方

ネットビジネスを進めていく上でのメンター(指導者)は、とても大きな役割を果たし、あなたのビジネスをサポートしてくれます。

本ページでは、メンターとは何かという基礎的なことから、メンターの選び方メンターを付けるメリットメンターとの上手な付き合い方についてご案内します。

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


メンター(指導者)とは?

メンターとは、仕事上の指導者、助言者の意味で使われることが多いです。

例えば、一般企業では新入社員にメンター(先輩社員がつくことが多い)を付けて仕事を教える、精神的ケアまでをフォローする形で進めている企業が多いです。

ネットビジネスにおけるメンター(指導者)とは?

ネットビジネスにおけるメンター(指導者)とは?

一般企業と同じで、ネットビジネスにいても、メンターは同じ役割を担います。

ネットビジネス初心者は、同分野のビジネスにおいて成功している人をメンター(指導者)として選び、メンターに相談をしつつビジネスを進めることがよくあります。

成功しているメンターからの助言を受けながら進めることで、正しい道を突き進み、最短で成果を出すことができます。

またコミュニケーションを取りながらビジネスを進めていくことで、モチベーション低下も発生しづらくなるプラスの効果があります。

メンターを付けるメリット

メンターを付けるメリット

成功までの最短距離を走れる

メンターから助言を受けることで、ビジネスとしての成功は近くなります。

はじめの一歩を間違わずに踏み出す、岐路が合った場合に正しい選択をするというように、ビジネスをしていると「決断をしなければならない時」が、大小さまざま発生します。

この時の決断を間違えてしまうと、遠回りすることが容易に想像できますよね。

メンターはその分野で成功している人ですから、同じ道を辿ってきた人でもあり、同じように問題を抱え解決してきた人です。きっと役に立つ助言をしてくれるでしょう。

疑問・悩みをすぐに解消できる

ビジネスを始めたばかりの頃は当然ですが、疑問・悩みが多くでてきます。

はじめはご自身で考えてどう判断するかを検討すべきですが、やはり決めきれないときはメンターの出番です。小さな疑問・悩みかもしれませんが、こまめにコミュニケーションを取って問題を解消し、気分よく仕事を進めましょう。

すぐに軌道修正ができる

ビジネスは、トライ&エラーの繰り返しです。まずは試してみて、うまくいくこともあれば、失敗することも多くあります。

失敗した場合は、何がまずかったのかを考え、軌道修正する必要がありますよね。

しかし、何がまずかったのか分からなかったり、どう軌道修正したらいいのか分からないことは当然出てきます。そんなときもメンターに相談すれば解決の糸口が見つかることが多いと思います。

メンターの選び方

さてここからは、メンターの選び方についてご紹介します。

残念ながら、このネットビジネスの世界では、プレイヤーとしての実績もないのにメンターをしていたり、教材を配ってそれで終わり、といったメンターもいるようです。

以下3点に気をつけてメンターを選びましょう。

プレイヤーとしての実績が十分にあること

まずは、その分野のビジネスにおいて、メンター自身が成功しているかということです。プレイヤーとして成功しているかということですね。

メンターにする以上は、多くの経験・深い知識を持っている人から助言を受けたいですから、メンター自身がビジネスで成功している人かは大事ですよね。

メンターの考え方、理想とするライフスタイルが近いこと

メンターの考え方、理想とするライフスタイルが近いこと

メンターの考え方、メンターのライフスタイルに対して、共感できるかという点で選ぶことはとても大切です。

少なくともこれからメンターの助言を受けて、ビジネスを進めていくわけですので、考え方に納得できなかったりしたら作業がうまく進まないでしょう。

また目標としているライフスタイルについて、近いとよりよいですね。

信じるついていくことができるか

メンターのことを信じてついていく事ができるか、これも大事な要素です。

お互い初対面で、はじめから信じて付いていけるかと言われると、疑問に思うのは当然です。だからもう、ここは「直感」だと僕は思います。

この人の言っていることは正しそうだ、この人を信じてついていってみようかな、そう思える人かどうか判断してください。

メンターとの上手な付き合い方

進捗をこまめに連絡する

助言を受けつつ、ビジネスをしていくわけですので、メンターにはこまめに進捗を連絡したほうがいいですね。
メンターも進捗を把握できますし、何かあればその際にまた助言を受けらることもできます。

一番ダメなのは、コミュニケーションが少ない状態です。

やはり、人間同士ですので、コミュニケーションの頻度があまりに少ないと、お互い関心が薄れてしまいますし、メンターとの関係性が有益なものにならないと思います。

まずは自分で考える、解決できなければメンターに相談する

これは僕がやっていた方法ですが、何か問題が発生したり、今後の方向性を相談しようとするときは、「まずは自分で考える」ということをしていました。

そこで自分が出した結論に対して、「これでいいですか?」という答えあわせをメンターとする感じです。

メンターからしたら、「私はどうしたらいいですか?」と漠然とした質問されても困ると思うんです。

 

だからまずは自分で考える、ということをおすすめします。

ネットビジネスにメンターは絶対必要なのか?

僕は、必ずしもメンターが必要とは思いません。

ビジネスセンスがあって、一人で圧倒的な作業量で黙々と実施できて、一人で稼げてしまう方はごく一部ですが、いると思います。そういう方は、メンターは必要ないですね。

まとめ

まとめ

メンターとは何かという基礎的なことから、メンターの選び方、メンターを付けるメリット、メンターとの上手な付き合い方についてご案内しました。

ネットビジネス初期段階においては特に、正しいかどうか分からない作業を黙々と続けられるほど、人は強くありません。

メンターを付けるメリットがあると感じたのでしたら、メンターを付けるという選択肢もあります。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です