New!「アフィリエイト・マスター・プログラム」を無料公開しました

リサーチ命!アフィリエイトで大きく稼ぐためのリサーチ術

リサーチ命!アフィリエイトで大きく稼げるかはココで決まる

本ページでは、アフィリエイトにおける「リサーチ」の重要性についてお伝えしています。

具体的なリサーチ方法は、個別の記事で詳しくお伝えしますので、本ページではなぜ「リサーチ」が大切なのかという点に絞ってお伝えしていきます。

また、そもそも何をリサーチするのかという点にも触れていきます。

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


リサーチ命!アフィリエイトで大きく稼げるかはココで決まる

リサーチ命!アフィリエイトで大きく稼げるかはココで決まる

アフィリエイトをする方は、「リサーチ」がとても重要であることをまず知っていただきたいと思います。

リサーチを飛ばして、アフィリエイトで大きく稼ぐということは難しいです。

それだけ重要なリサーチですので、ぜひ取り入れて欲しいと思います。

リサーチする理由

リサーチする理由の前に、まずアフィリエイトの本質についてお話します。

アフィリエイトの本質は、

  1. 稼げる広告を選び
  2. 広告主が訴求できない細かなニーズを拾いあげ
  3. 商品の魅力を引き出し訪問者に伝え
  4. 成果(購入)を勝ち取ること
です。

これを実行するための前段階としてリサーチが必要になります。

ですからあなたは、稼げる広告選びはもちろんですが、商品知識、人が何に困って、その商品を購入するとどんな効果があるのかということを、しっかり把握しておく必要があります。

これらを理解せずに記事を書いても、訪問者には刺さらないので商品を購入するに至らないのです。

 

何をリサーチするのか?

何をリサーチするのか?

アフィリエイトにおけるリサーチは「何をリサーチするの?」というお話をします。

以下の4つをリサーチします。

リサーチ対象
  • 広告
  • ライバル
  • ニーズ
  • ターゲット

4つもあるのかと思われたと思います。

でも、リサーチをしっかりやる人はとても少ないから、アフィリエイトで稼げない人が多いのです。

広告リサーチ

広告リサーチ

広告リサーチでは、稼げる広告をリサーチします。報酬単価、広告内容はもちろん見ます。

これに加え、広告主ページを見ていきます。広告主ページでは、積極的に電話に誘導しているなど、成果に繋がらない要素を含む広告を除外する必要があります。

例えば、電話申し込みに誘導している広告は除外していく必要があります。

電話に誘導するアフィリエイト広告は掲載してはいけない 積極的に電話誘導しているアフィリエイト広告は掲載してはいけない

「これはいい広告!」と思っても、すぐには採用してはいけません。
広告の市場リサーチをして、今後伸びていく分野の広告なのかという裏づけをとりましょう。

アフィリエイトで安定的に稼ぐ広告の選び方 アフィリエイト収益を安定させる広告の選び方

ライバルリサーチ

ライバルリサーチ

広告リサーチをした後は、その広告を掲載しているライバルサイトをリサーチします。

ここでは、ライバルがどれぐらい強いのかという肌感覚をリサーチすればOKです。

例えば、成約に結び付けそうなキーワードで検索をしてみて、ライバルサイトがどの程度の品質の記事を書いているのかチェックしましょう。

もしこの時点で「とても太刀打ちできない」と感じたのなら、その広告を諦めるか、別切口(別のキーワード)でライバルの弱い部分を探していきます。

ライバルサイトを上回る(内容、分かりやすさ、読みやすさ等)記事を書いていく必要がありますので、そのためのリサーチですね。

ニーズリサーチ

ニーズリサーチ

広告が決まったら、次にやることはニーズリサーチです。

訪問者が求めていること=ニーズです。

商品・サービスを購入してもらうには、その訪問者に「これは素晴らしい、これなら満足できそうだ」と思ってももらう必要があります。

そのツボは何か?

つまり、訪問者のニーズを突き止めることがニーズリサーチの本質です。

「ツボ探し」ですね^^

 

ある人からしたら、短期間で痩せることがニーズかもしれません。でも別の人にとっては、とにかくラクして痩せることかもしれませんね。

いずれにしても、「あなたが選んだ広告(商品)を買ってくれる人が抱えているニーズは何か」というツボを突き止める必要があります。

これは1つではありません。2つ3つとあります。いくつもニーズがあったほうがいいです。

ニーズが複数あれば、切り口がそれだけあるということですから、それぞれの切り口ごとに記事を用意したりもできますね。

記事を分ければ、ピンポイントで商品・サービスを訴求できます。

ぜひ、2つ、3つとニーズを洗い出しましょう。

悩みを知ってアフィリエイトで稼ぐ! 訪問者は悩んでいます 徹底リサーチ!悩みを深く知りアフィリエイトで稼ぐ方法

ターゲットリサーチ

ターゲットリサーチ

最後はターゲットのリサーチです。

ターゲットリサーチでやることは、購入者の人物像を細かく知ることが本質です。人物像を細かく知ることができると、考えていることが簡単に想像できるようになります。

例えよい広告が見つかり、ニーズを把握できたとしても、訪問者はその商品(広告)がベストな選択と感じてくれるとは限りません。

だから、なぜその商品(広告)がベストなのかということを伝えていく必要があります。

そのためには、ターゲット(商品を購入してくれる見込客)が他にどんな商品を候補として考えているのか、あるいはどのような価格帯であれば購入してくれるのかといったリサーチが必要です。これは、購入者の人物像が分かればおよそ推測できます。

僕はこのサイトで、ペルソナ(理想とする顧客増)を作って訴求していく方法をオススメしています。ぜひ、ペルソナを活用してターゲットをリサーチしてみましょう。

アフィリエイトではターゲット設定が重要、ペルソナの設定方法教えます アフィリエイトではターゲット設定が重要、ペルソナの設定方法を公開

リサーチは、大きく稼ぐためには必ず必要

リサーチをしなくても、まぐれでアフィリエイト成果が得られることがあるかもしれません、しかし、長くは続きません。

リサーチが甘いと稼げる金額は少なくなります。大きく稼ぐには、やはり「リサーチ」はしっかり行う必要があります。

大きくというのは、月収10万円以上です。

僕は、「リサーチ」は手を一切抜かずにやるようにしています。徹底的にやっています。そして十分な知識を身につけるようにしています。

リサーチはとても大事なので、3日かけても4日かけてもいいので、しっかりやりましょう。

リサーチは収益拡大だけでなく、効率化にも役に立つ

リサーチは、アフィリエイトで効率的に稼ぐためにも役に立ちます。

どういうことかというと、「商品」と「ニーズ」のマッチング精度が高くなるからです。

これにより少ない記事数でも、アフィリエイトの成果を極限まで高めることができます。効率よく稼げます。

反対に、「商品」と「ニーズ」のマッチング精度が低いと購入に中々結びつきません。稼ぐまで相当な時間がかかりますね。

(例)マッチング精度が低い状態

早く痩せたい人に、体質改善サプリを紹介してしまう

まとめ

まとめ

アフィリエイトにおけるリサーチの重要性についてお伝えしました。

稼いでいる人は、必ずリサーチをしっかりやっています。

もし、不十分だなと感じたら、ぜひ上記を参考にやってみていただければと思います。

最後にもう一度、何をリサーチするかということを整理します。

リサーチ対象
  • 広告
  • ライバル
  • ニーズ
  • ターゲット

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です