【新着ニュース】アフィリエイト教材の無料公開を始めました!

【WordPress5.0】各テーマの対応状況一覧(SANGO・AFFINGER・JIN・STORK)

【WordPress5.0】各テーマの対応状況一覧(SANGO・AFFINGER・JIN・STORK)

2018年12月初旬、WordPressのメジャーアップデートがありました。5.0になりました。

これまでは「4.9.7」といった形でVer4だったわけですが、一気にWordPress5.0になりましたね。

これに伴う大きな変更点は、記事投稿・編集画面(いわゆるエディタ画面)の刷新です。Gutenberg(読み方はグーテンベルク?)と名付けられたエディタのようです。

アップデートによりバグ対応、セキュリティ強化などの更新はあるようですが、ブロガーやアフィリエイターが一番気になるのは

「僕のテーマ、Ver5.0にアップデートしても大丈夫なの?」

ってことかと思います。

ナオト

そこで本記事では、僕自身が気になったWordPressの主要テーマにおける対応状況を調べましたのでどうぞ!

恐れ入りますが、テーマの数はあまりに多いので、僕や僕の周りの人がよく使っているテーマに限定しています。

なお、公式アナウンスで未対応だったり、お待ちください的なアナウンスがある場合は、ひとまずはアップデートせず様子を見た方がよいと思います。

焦ってアップデートして、サイトが動かなくなったりしたら大変ですからね^ ^;

 

WordPress 5.0 主要テーマにおける対応状況

注意
Ver5.0にアップデートするかの最終判断は、必ず公式サイトや公式Twitterなどの本家サイトをご覧の上、慎重に行いましょう!

 

WordPress 5.0 主要テーマにおける対応状況

テーマ WP5.0対応状況 公式サイト Twitter
SANGO いくつかの問題を確認しているとTwitterにアナウンスあり(2018/12/7) SANGOテーマ更新情報 SANGOの情報まとめ
AFFINGER系 当テーマ及びプラグインは新エディタの「Gutenberg」には未対応のアナウンスあり(2018/12/7) AFFINGER公式 -
STORK 検証中だが問題は見つかっていないとアナウンスあり(2018/12/7) OPEN CAGE更新のお知らせ -
JIN Gutenbergには未対応だが、アップデート予定あり(1〜2ヶ月以内)とアナウンスあり JINアップデート情報 (参考)ひつじさんTwitter

間違いのないよう最新の注意を払っていますが、もし間違いがありましたらコメント欄、またはお問い合わせフォームからご指摘ください。

ナオト

とりあえず、まだVer5.0にはアップデートしなくても良いかと思います。

アップデート待ちで困ることよりも、アップデート後の不具合の方が確率が高そうですから。

 

Gutenberg(グーテンベルク)のエディタの使い勝手

Junichi Matsubaraさんが、最速でエディタの使い勝手について動画を公開されています。かなり役に立ちます。

先にご覧いただくと良いと思います。



情報公開スピードがハンパないです。。。役に立ちまくりです。

 

すでにWordPress5.0にアップデートしてしまい、元のエディタに戻したい方へ

Classic Editorという無料プラグインをインストールして有効化すれば、元の投稿画面・編集画面(エディタ)を使うことができます。

Classic Editor

 

その他、参考になりそうな情報

Gutenberg についてのよくある質問(WordPress 公式)

WordPress 5.0 利用開始前に知っておくべきこと

WordPress5.0へのアップデートについて(さくらインターネット・2018年12月5日)

↑レンタルサーバー会社がここまで詳しくお知らせしてくれるなんてありがたい。

 

プラグインは、これまで通りアップデートしても問題なさそう

WordPress5.0に伴い、プラグインもアップデートが頻繁に来ています。こちらに関してはアップデートしても問題ないかと思います。

 

以上、参考になれば幸いです。

当分このページは、情報の鮮度を保つためにちょくちょく更新していきますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です