Search Console 概要、登録方法、基本機能まで一通り学ぶ

本ページでは、Search Console 概要、登録方法、基本機能まで一通りご案内します。

Search Consoleは、サイト作成の初期段階から登録をしてデータを蓄積しておきましょう。後からデータを活用できるようにするためです。

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


Search Console概要

Search Console とは


Search Consoleは、Googleがウェブマスター向けに提供している無料ツールです。Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視できます、

ご自身のサイトがGoogle検索結果に表示されるようにするためにSearch Consoleに登録する必要はありませんが、登録すると、サイトが Google にどのように認識されているのかを確認できます。

そこからサイトを最適化していくことができるようになります。そのため「Search Console」は必ず登録をしていただきたいツールです。

Search Consoleのメリット

Google 検索結果でのサイトのパフォーマンスを監視できます。

Search Consoleでできること
  • Google が正常にコンテンツにアクセスできているか
  • クロールして欲しい新規ページを通知する
  • 検索結果に表示したくないコンテンツを削除する
  • 検索パフォーマンスへの影響を最小限に抑えながらサイトを維持する
  • マルウェアやスパムの問題を監視する
  • 自分のサイトがどのようなクエリで検索結果に表示されているか
  • どのクエリからのアクセスが多いか
  • どのサイトが自分のウェブサイトにリンクしているか
  • スマートフォンユーザーに対してモバイルフレンドリーなページを提供できているか

 

Search Console 登録方法

Search Consoleサイトにアクセス

上記ボタンからSearch Consoleにアクセスします。

Googleアカウントを所有していない場合は、以下のページ参考にGoogleアカウントを取得してからアクセスしましょう。

Googleアカウントの取得方法

プロパティを追加

画面右上「プロパティを追加」をクリックします。

URL入力

URLを入力して「追加」をクリックします。

 

サイト所有権の確認

Googleからサイト所有権があなたにあることを確認することを求められます。指定された方法で行なってください。

その後に「私はロボットではありません」にチェックを入れて「確認」に進みます。

所有権確認が完了

「続行」をクリックします。

登録完了

上記ページが表示されたら、Search Consoleの登録完了です。

 

Search Consoleの基本機能

Search Consoleを使用することで、自分のサイトがGoogleからどのように見られているか、検索結果状況、訪問者クエリといった細かいデータを取得することが可能です。

以下は、Search Consoleの代表的な機能となります。

検索クエリの把握

Google検索ユーザーの検索キーワードが分かります。どんなキーワードで検索されているのか分析すれば、どういうキーワードでページを作っていくべきかを考える参考にできます。

検索画面でのクリック率の把握

検索画面であなたのサイトが何位に表示され、またどれぐらいのクリック率であったかを把握することができます。ここで得られるデータは貴重で、これをもとにして調整していけば、効率よく集客をすることができるようになります。

インデックス状況

Googleが、ページをインデックスしているか確認することができます。

クロールエラーの確認

Googleがサイトをクロールした際にエラーが出ていなかったかを確認することができます。エラーが出ていると検索結果に表示されないなどのデメリットもあります。

インデックス登録申請をする機能「Fetch as Google」

Search Consoleのひとつの機能として「Fetch as Google」があります。

これは、Googleに対してインデックスの登録申請をする機能です。

例えば、新規ページを作成した際にはすぐにクローラーが来てくれるわけではないので、「Fetch as Google」でインデックス登録申請をして自らクローラーを呼びます。そうすることで早くインデックスされ、Google検索結果にも早く表示されるようになります。

インデックスの促進については、下記のページで詳しく説明していますのでご覧ください。

Fetch as Googleを使い、新規ページを素早くインデックスさせる方法
Fetch as Googleを使い、新規ページを素早くインデックスさせる方法

Webサイトの構造を把握する「サイトマップXML」の送信

Googleクローラーは、自動的にサイトを巡回してページをインデックスしてくれますが、Googleクローラー用にサイトマップXMLを作成しておけば、Googleは効率よく確実にクロールすることができるようになります。

Seach Consoleには、Googleに対してサイトマップXMLを送信する機能も備えていますのでこれはぜひやっていくといいでしょう。

サイトマップXMLの登録方法については、以下の記事でご説明しています。

内部SEO対策をして、Googleにサイト情報を正しく伝えよう!

 

Search Consoleを活用したアクセスアップへの取り組み

Search Consoleを活用したアクセスアップへの取り組み

上記でご説明した通り、Search Consoleは、運営サイトの今を知ることができる重要ツールです。

ここで得られるデータを活用して、サイトを改善していくことでアクセスアップを目指すことも可能です。

以下の記事では、実際にSearch Consoleを利用して僕がどのようにアクセスアップを行なっているかをご紹介した記事です。

記事修正でアクセスアップを狙う方法 ~Search Consoleを使い倒す~
記事修正でアクセスアップを狙う方法 ~Search Consoleを使い倒す~

まとめ

まとめ

Search Consoleについては、アフィリエイトで稼ぐ場合には必須のツールです。

また上でご紹介した「Search Consoleを活用した記事修正」は、アクセスアップのみならず、訪問者ニーズの取り込みも同時に行うことになります。

アフィリエイトで大きく稼ぐために記事修正は必要なことです。ページを育てる感覚で取り組めば、収入アップに繋がります。キッチリやっていきましょう。

最後までお読みいただきありがとございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です