内部SEO対策をして、Googleにサイト情報を正しく伝えよう!

SEO対策において、近年もっとも重要視されている「内部SEO対策」について具体的な方法をご紹介します。

内部SEO対策の目的は、作成したコンテンツを検索エンジンに早く、正確に伝えるための対策です。

具体的に取り組むべき作業内容について一つずつ触れていきます。サイトを立ち上げた初期段階から意識して取り組んでもらえればと思います。

▼動画でご覧になりたい方はこちら


サイトマップXMLを登録

Search ConsoleにサイトマップXMLを登録

サイトマップXMLは、Webサイトのページ内容(URL、ページの重要度、最終更新日、更新頻度)などの情報を持ったファイルです。

検索エンジンのクローラーは、サイトマップXMLを読み込むことで、ページを抜け漏れなく正確にサイト情報を収集できるようになります。

サイトマップXMLのURLを確認

今回は、WordPressを利用している前提で、サイトマップXMLをSearch Consoleに登録する方法をご紹介します。

WordPressの場合、サイトマップXMLは以下のURLで自動生成されます。

https://ドメイン名/sitemap.xml

このようにドメイン直下に「sitemap.xml」というファイルが存在するはずです。ご自身のサイトにも存在しているかブラウザにURLを直接叩いて確認してみましょう。

Search ConsoleでサイトマップXMLを登録する

Search ConsoleでサイトマップXMLを登録する

サイトマップXMLは、Googleが提供するSearch Consoleに登録をするとGoogleが認識してくれるようになります。

以下に登録手順をご紹介します。

  1. Search Consoleにログインして管理画面に表示される登録サイトから、Webサイトをクリックします。
  2. 左メニューから クロール > サイトマップ をクリックします
  3. 画面右上 サイトマップの追加/テスト をクリックします。
  4. サイトマップのURLを入力します。ここでは「sitemap.xml」とだけ入力して「サイトマップを送信」をクリックします。
  5. サイトマップが正常に送信され登録されると、グラフが表示されます。これでGoogleは、あなたのサイトマップ.xmlを認識しました。

Bingのクローラー向けにサイトマップXMLを登録する

Bingは、マイクロソフトが運営している検索エンジンです。

シェアとしてはGoogleやYahoo!に比べて低いのですが、一定数は利用者がいることと、サイトマップXMLの登録を受け付けていますので、Bingにも同じく登録をしていきます

Bingの場合も「Bing Webマスターツール」というサイト管理者向けツールが提供されており、このツールの中でサイトマップXMLの登録が可能です。

以下に登録手順をご紹介します。

  1. Bing Webマスターツール」にアクセスします。ここでMicroSoftのアカウントを所有していない場合は作成してください。
  2. 左メニューから「サイトの追加」をクリック。URLとサイトマックXMLを記入して、「追加」ボタンを押します。
  3. サイト所有者の確認のために、「BingSiteAuth.xml」をダウンロードして、ドメイン直下に設置するよう指示がされるので、FTPソフトを利用してアップロロードします。
  4. 「確認」ボタンを押せば、完了です。

Ping送信

Ping送信とは、サイトを更新した際に、Pingサーバーに更新情報を伝えることをいいます。

Pingサーバーは、サイトから送られてきた更新情報を受信して、更新情報をリストを作成してくれます。

検索エンジンは、このPingサーバーの情報も参照しているため、検索エンジンにサイトの更新情報が伝わりやすくなり、クローラーが早く来てくれるようになります。

WordPressの場合、標準機能としてPing送信機能を使うことができます。やり方は、とても簡単であらかじめPingサーバーのURLを書いておくだけです。

あとは、WordPressを更新するたびに自動的に情報がPingサーバーに送信されます。

WordPressでPing送信を設定する方法

WordPressログイン > 設定 > 投稿設定 > 更新情報サービス

WordPressでPing送信を設定する方法

投稿設定画面を開いて「更新情報サービス」内に、以下のURLをコピペしてください。

http://blog.goo.ne.jp/XMLRPC

http://www.blogpeople.net/servlet/weblogUpdates

http://ping.blo.gs/

http://blogsearch.google.co.jp/ping/RPC2
http://blogsearch.google.com/ping/RPC2
http://rpc.reader.livedoor.com/ping
http://ping.fc2.com/
http://ping.feedburner.com/
http://ping.rss.drecom.jp/
http://wpdocs.sourceforge.jp/Update_Services
http://rpc.pingomatic.com/
http://ping.blogranking.net/
http://ranking.kuruten.jp/ping
http://www.blogstyle.jp/
http://www.blogpeople.net/ping/
http://ping.freeblogranking.com/xmlrpc/
http://rpc.weblogs.com/RPC2
http://services.newsgator.com/ngws/xmlrpcping.aspx
http://ping.dendou.jp/
http://blog.with2.net/ping.php/
http://ping.cocolog-nifty.com/xmlrpc
http://ping.sitecms.net
http://pingoo.jp/ping/
http://taichistereo.net/xmlrpc/

正しくマークアップして、Googleに正確に情報を伝える

正しくマークアップして、Googleに正確に伝える

Webサイトは、HTML(Hyper Text Markup Language)という言語が使われています。ブラウザは、HTMLソースを解析して、人が理解できるようにしてくれています。

しかし、GoogleはHTML本体を読んでいます。

Googleは、私たち人間が見ているページではなく、HTMLソースコードを直接読んでページ内容を理解しています。

ですから、正しくHTMLを書くことで、Googleはサイトに書いてある内容、ページの関係性を正しく把握することが可能です。正しいマークアップは、SEOの内部対策の中でも基本となります。

タイトルタグ

ページタイトルタグは、そのページに何が書いてあるかを示す重要な要素です。

HTML
<title>ここにページのタイトルを書きます</title>

このように title で囲われた文字列で囲んだものをページタイトルと定めるというルールがあります。

しかし、このtitleタグが存在しなかったり、重複していたらどうでしょうか。
Googleは、何について書かれたページなのか、正確に把握しづらくなります。

タイトルタグについては、以下のページで詳しくご紹介しています。

SEO対策!キーワードは「タイトル」と「H2見出し」に入れよ

見出しタグ

同じく「見出しタグ」にも言えることです。見出しタグについて以下のページで詳しくご紹介しています。

SEO対策として最低限使うべき見出しタグ
SEO対策として最低限使うべき見出しタグ

titleタグ、見出しタグという代表的な2点を挙げましたが、HTMLの記述はもう少し複雑です。

WordPressを使う場合、HTMLに触れる機会はかなり少ないですし、知らなくても何とかなるのですが、まったく使用しないわけではありませんので、可能であれば勉強をしておくといいと思います。

HTMLの基本については、検索をすると多くのページが出てきます。書籍で学ぶこともありですが、Webページでも十分学ぶことができます。

評価されやすいURLの形にする

評価されやすいURLにする、URLは変更しない

Googleは、URLを見てその構造やページ内容を理解しようとします。

だからGoogleにとってURLを分かりやすくしてあげることが大切です。もちろん人にとってもわかりやすい方がいいですね。

WordPressをご利用の方は、以下の内容でURL構造を設定してみてください。

注意
すでにサイト運営を開始している場合は、以下のパーマリンク設定を変更してしまうと各記事のURLが変わってしまいますのでご注意ください。

サイトを新規作成する際は、以下の設定にしてから記事作成を始めましょう。

WordPressにログイン > 設定 > パーマリンク設定

ここでは「投稿名」を選択しましょう。

評価されやすいURLの形にする

こうすることで、新規記事を作成する際に、記事毎にURLを自分で決めることができます。

記事毎にURLを自分で決める

コツとしては、URLは必ず「小文字アルファベット」で「キーワードを入れて作る」ということです。

例えば、「魚釣り」について書いたページのURLを決めるときは、「fishing」などを使いましょうということです。

URLに平仮名、カタカナ、漢字などを入れるのはやめましょう。

それから重要なことですが、URLは一度作成したら絶対に変更してはいけません。URLは、一度評価が付いて、そこから変更が入るとそのページへの評価はリセットされて、一旦ゼロになります。

厳密には、ページを公開して評価が付く前でしたらURLを変更しても影響は少ないのですが、公開してしばらくして評価が付き始めた頃(半年程度)にURLを変更してしまうと、そのページの評価はゼロになりますので注意しましょう。

内部リンクを適切に張り巡らせる

内部リンクを適切に張り巡らせる

1サイトの中で、あるページから、あるページに張られたリンクを「内部リンク」と呼んでいます。

内部リンクを適切に張ることで、訪問者は知りたい関連情報にスムーズにアクセスできるようになる機会が増えます。

また内部リンクをしっかり張ることで、Googleはページ同士の関係性を理解したり、どのページがそのサイトにおける中心ページであるか理解をするようになります。

Googleから見れば、内部リンクは「クローラーが巡回する道」です。ですから適切に内部リンクが張られていると、クローラーはサイト内を抜け漏れなく情報収集してくれるようになります。

その結果、Googleがサイトを正確に理解してくれて、検索結果にも適切な順位がつきやすくなります。

これまで上でご紹介してきたことも大事ではありますが、SEO対策において「内部リンク」は極めて重要だと位置づけられています。

内部リンクを張るコツ

内部リンクを張るコツ

コツは、「大事なページに内部リンクを張る」ことです。

Googleは、内部リンクを多く獲得しているページを重要なページとして認識するようになります。

だからアフィリエイトサイトであれば、「成約ページ」に対してしっかり内部リンクを張りめぐらせましょう。成約ページの評価が高まり、検索順位が上昇すれば、アクセスが集まり成約に結びつくからです。

やたら多く内部リンクを張る必要はありません。コンテンツの中で、必要に応じてサイト内の別ページに適度にリンクを張るぐらいのイメージでOKです。

内部リンクを張ることができる場所

さて内部リンクですが、結構色々な場所から張ることが可能です。
以下は、掲載場所の目安です。

内部リンクを張る場所
  • 上部メニュー
  • ぱんくず
  • サイドメニュー内
  • 最下部
  • 記事内

メニュー内に張るリンクは、ページを束ねる「カテゴリーページ」になることが多いです。それでOKです。

1つ1つの記事に対しての内部リンクは、記事内で話の流れの中でリンクを張ることが自然ですね。その方が訪問者にとって優しいですし、興味があれば内部リンク先も閲覧してもらえます。

カテゴリ名の最適化

ページを作る際に、ページ内容に応じて「カテゴリ」を設けるのが一般的です。
カテゴリ名を最適化することで、Googleはサイト構造を理解しやすくなります。

カテゴリは記事を束ねるものです。それにふさわしいカテゴリ名を付けましょう。できれば、そのカテゴリ名がGoogleで検索されるキーワードになっているとベストです。

また意味のない文字列だったり、やたら長い文字列をカテゴリ名にしてはいけません。

カテゴリ名の正しい付け方
  • 複数記事を束ねるカテゴリ名として適切であること
  • よく検索されるキーワードであること
  • 狙っているキーワードを含める

まとめ

まとめ

内部SEO対策の目的は、作成したコンテンツを検索エンジンに早く、正確に伝えるための対策です。

対策方法としては上記に挙げたものが代表的なものです。まずは一通り取り組んでいただくのがよいです。

そして内部SEO対策は、実はもっと多くの対策があります。

今回このサイトではすべてをご紹介することはできませんが、書籍を1冊読むことでカバーできます

SEOに関するおすすめの書籍は、以下の記事でご紹介していますのでよろしければご覧ください。

紹介します、絶対に読んでおきたい「稼ぐ」ための本
紹介します、絶対に読んでおきたい「稼ぐ」ための本

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です