【期間限定】アフィリエイト教材の無料公開を始めました

Fetch as Googleを使い、新規ページを素早くインデックスさせる方法

Fetch as Googleを使い、新規ページを素早くインデックスさせる方法

本ページでは、Googleが公式提供している「Fetch as Google」というツールを使用して、新規ページ作成後に最速でインデックスさせる方法をご紹介します。

Fetch as Googleを使用するには、事前に「Search Console」を利用できる状態にしておく必要があります。登録がまだの場合は、以下のページをご覧の上、先に登録を済ませましょう!

Search Console 概要、登録方法、基本機能まで一通り学ぶ

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


なぜ最速でインデックスさせる必要があるのか?

そもそも、なぜ最速でインデックスさせる必要があるのか?

早くインデックスさせて、報酬に繋げられるようにしたいからです。

サイトを立ち上げてからしばらくは、検索エンジンのクローラーは中々コンテンツをクロールしてくれません。

クロールしてくれないということは、検索をしても検索結果にページが表示されませんので、集客が始まりません。

世の中にはWebページが毎日たくさん作成されていて、いくらGoogleと言えども、瞬時に新規ページをインデックスさせることはできません。

だから新規記事は、手間ではありますが最速でインデックスさせて集客を開始する必要があります。早くインデックスさせて、報酬に繋げられるようにしましょう。

特にサイトを立ち上げた初期の頃は待っていてもクロールすらしにこないため、手間でも自分でインデックスを促しましょう。

インデックス登録には、Googleの「Fetch as Google」というツールを使用します。

新規ページを最速でインデックスさせるために「Fetch as Google」を使う

最速でGoogleにインデックスさせるためにFetch as Googleを使う

「Fetch as Google」を使って、Googleに対して新規ページをクロールして欲しいという申請をあげます。

Googleに対して

「Googleさん、新しくページ作ったからクロールしてください」

という申請をすることができます。

あくまで申請ですので、実際にクロールしてくれるかはGoogle次第ではあるのですが、これまでの経験上、申請をすれば1時間以内にはクロールしてくれて、検索結果にも表示されます。

最速でインデックス登録させるもう一つの理由
コンテンツが自分自身のものであることをGoogleに分からせるためです。

例えば悪意のある第三者にコンテンツをコピーされて、相手のコンテンツが先にインデックスされてしまうと、あなたが書いた記事がコピーだと判定されてしまいますよね。だから最速でインデックスさせておくのです。

Fetch as Googleの使い方

Fetch as Googleの使い方はカンタンです。

基本的にはURLを記入して「取得」ボタンを押すだけです。誰でもできます。

以下に具体的な手順をご説明します。

1.Search Consoleにログイン

2.インデックスさせたいURLを入力

画面最上部の入力欄にURLを入力します。

始まりが「https」になっていることを確認してください。

その後、キーボードの「ENTER」キーをクリックします。

3.インデックス登録をリクエストする

画面右下に「インデックス登録をリクエスト」の文字が表示されますので、クリックします。

もしここで、インデックスがされている旨の通知が出た場合は、Googleで検索してインデックス登録状況を確認に進みましょう!

登録を待ちます。1〜2分、待たされる場合があります。

4.インデックス登録のリクエスト完了

インデックス登録のリエクストが完了したら、画面右下の「OK」をクリックします。

これで、インデックス登録は完了です。

5.Googleで検索してインデックス登録状況を確認

インデックスされたかを確認

実際にGoogleにインデックスされるまでには時間がかかります。早ければ数分でインデックスされますが、1〜2日かかる場合もあります。

インデックスされたかどうかの確認方法は、

Google検索窓に

site:ここにURL

という形で文字を入力します。

その後「Google検索」ボタンをクリックします。

6.インデックス登録されていることを確認

インデックス登録されたかを確認する方法

検索結果に上記のように表示されれば、無事にインデックス登録されたことになります。

Fetch as Googleを使うシーン

上記は、新規ページを作成したときにインデックス登録をする目的で「Fetch as Google」を使うことをご紹介しました。

しかし、「Fetch as Google」はページを修正した際にも活用できます。早めにページ修正内容を反映させたい時ですね。

Fetch as Googleの用途
  • 新規ページをインデックスさせたい時
  • 公開済みページの修正を加えたので早く反映させたい時

あらかじめ割り当てられた月間使用回数内であれば、Fetch as Googleを使うことができます。但し、何も変化がないのにクロールを申請することはやめましょう。

まとめ

まとめ

サイトを立ち上げてからしばらくは、検索エンジンのクローラーは中々コンテンツをクロールしてくれません。

クロールしてくれないということは、検索をしても検索結果にページが表示されないということになりますので集客ができないということになります。

本ページでは、Googleが公式提供している「Fetch as Google」を使用して新規ページを素早くインデックスする方法をご紹介しました。

サイト公開初期段階においては、クローラーがそもそも来てくれませんので「Fetch as Google」は非常に有効です。申請をしないと、何日たってもクローラーが来てくれないということも経験していますので、必ず「Fetch as Google」はやっておきましょう。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です