【新着ニュース】アフィリエイト教材の無料公開を始めました!

他者依存マインドでは成功できない。成功したいなら自己責任マインドを!

他者依存マインドでは成功できない。成功したいなら自己責任マインドを!

このページでお伝えすることは、ビジネスで成功する上で確実に必要な「心の持ち方」ですので、ぜひマスターして欲しいと思います。

▼動画でご覧になりたい方はこちら!


成功したいなら自己責任マインドを持とう!

成功したいなら自己責任マインドを持とう!

「自己責任マインド」とは、結果はすべて自分の責任であると受け止める考え方です。

自己責任マインドとは
  • すべての責任は、自分にあるという考え方
  • 現状は、自分が選んだ結果であるという考え方

多くの人は自らの希望でネットビジネスを始めます。例えそれが副業という位置付けであっても、その人個人がはじめたビジネスですから起業家であり経営者として始めるわけです。

しかし、ビジネスを始めると多くの問題が生じます。それを事あるごとに他人の責任と考えてしまうと、ビジネスは中々前進しません。

例えば、アフィリエイトビジネスをはじめて記事を外注したとします。そして納品記事の品質がとても悪かったとします。

この場合、責任を相手に押し付けても仕方ないです。

少し厳しいと感じるかもしれませんが、

  • ビジネスを始めたのはあなただし
  • そのビジネスを選択したのもあなた
  • 記事を外注しようと決めたのもあなただし、
  • 外注したのもあなたです

すべて決断はあなたによって引き起こされた「納品された記事の品質が悪い」ということに対して、自分に問題があると考えるべきです。

上記の例であれば、外注する相手のスキルを見誤ったのではないか、指示内容が相手に伝わっていなかったのではないかと考えた方が前進します。

他者依存マインド

この反対の言葉として、「他者依存マインド」があります。

他者依存マインドの例
  • アフィリエイト商品が売れないのは、商品自体に魅力がないからだ
  • ネットで購入した稼げるツールを使って実践してみたのに、稼げないのはツールが悪いからだ。
  • メンターにコンサル料金を支払ったのに、稼げるようにならないのはメンターの教え方が悪いからだ。

すべて人のせい、モノのせいにしていますね。このように考えてしまう状態は、他者依存マインド状態です。

ビジネスをするのは他の誰でもない、あなた

ビジネスをするのは他の誰でもない、あなた

ビジネスをする上ではじめに意識したいことは、「ビジネスをするのは自分自身」である点です。

広告主やツールが、あなたのビジネスをしてくれるわけではないですし、メンターがビジネスを代行するわけではありません。

やはり、「あなたのビジネス」は、あなた自身が組み立てて、進めていかなければいけないのです。

そういうこともあり、「他者依存マインド」を持っていると進展が遅いし、事あるごとに理由を付けて自己を正当化してしまい成功することができません。

そうはいっても、人に責任を押し付けたくなってしまう?

そうはいっても、人のせいにしたくなる?

事実としては、相手が悪いということも中にはあると思います。だから他人のせいにしたくなる気持ちは分かります。

でもこの考えを持っているうちはビジネスは前進しません。人のせいにするなら、自分に悪い点がなかったかを振り返ったほうが意味があることが多いです。これは僕個人の経験から強くそう感じます。

反省してみれば必ず何かあります。その反省点を乗り越えていくことがビジネス成功の近道です。

まずは自分の責任だと考えるクセを付ける

まずは自分の責任だと考えるクセを付ける

深刻に受け止める必要はありませんが、何か問題が起きた際は、まずは自分に落ち度はなかったか、どこか改善すべき点がなかったかを考えてみましょう。

必ずあるはずです。

そして次にリカバリーすればいいのです。そうすれば常に右肩上 がりで成長していけます。

ビジネスは、一長一短で稼げるようになるものではありません。壁にぶち当たるたびに他者の責任であると攻め立てたとして、誰も得をしません。嫌な気持ちになるだけです。

前向きに物事を捉え、ビジネスを進めていきましょう。

まとめ

まとめ

自己責任マインドの意識は、少しずつでも自分の考えとして浸透させていきましょう。

「すべての責任は自分にある」

まずは、そう思うことからはじめればOKです。

本当に自分に非がなかったか、もっとこうしていれば上手にできたのではないか。このように振り返りつつビジネスを進めていく考え方を持てば、あなたは急成長できます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です